フリーランスでも管理職になることは可能

フリーランスのエンジニアが上流工程に携わることができないかと言えば、まったくそんなことはないのだ。現代においては、企業は正社員を採用することに抵抗を感じているものである。したがって、大きなプロジェクトのリーダー的存在までもが非正規雇用者であるケースは多く見受けられる。フリーランスでも、立派に管理職として働いていくことができる時代になっているわけである。管理職レベルの仕事を任されると、もちろん月収も倍増するのが普通だ。

中には月収が70万円を超えるという派遣社員もいるので、一概に派遣が悪いという見方もできない。結局は、本人にどの程度のスキルがあって、どういった仕事ができるかが問題になってくるのである。昨今の稼げない若者たちについては、そもそも技術が足りないという人も多いのである。もちろん、たくさん稼げば確定申告のときにはかなりの課税所得を申告しなくてはならない。

ただ、年金の額も国民年金保険料の額も、すべて所得税の控除とすることができるために、課税所得の額は意外にも低く抑えることができるのだ。確定拠出年金などに入っていると、年に80万程度は年金代として所得税の控除になるので、年収が高くなっても税金で困ることは少ないだろう。工夫をすることで税金の額を減らしたり、還付請求ができる点もフリーランスのいいところではある。なので、思い切っていいポジションを狙ってみるのも悪くはない方法だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です